BEASTARS ビースターズ 178話 ネタバレ・感想!

ビースターズ

2016年9月から、週刊少年チャンピオンにて連載されている「BEASTARS」

2018年には手塚賞、マンガ大賞を受賞し、2019年にはアニメ化もされた作品です。

肉食と草食が共存する獣人の世界。

同じく共学のチェリートン学園でごく普通に高校生生活を送るハイイロオオカミ・レゴシがこの作品の主人公です。

ある日、学園内で演劇部のアルパカ・テムが何者かに食殺されてしまい、その現場をレゴシがウロウロしていたことから物語は動き出します。

怪しげなその行動と、不器用で口下手な性格もあり、レゴシが食殺犯だと疑われてしまうが、何とかその疑いは晴れます。しかし、そこから草食獣と肉食獣の関係がギスギスしていく・・・。

そんな中、肉食獣としての狩猟本能か、はたまた男としてか、電車でウサギのメス・ハルを襲いかけてしまうレゴシ。自身の行動に苦悩しながらも、ハルとの交流も深めていきます。

演劇部部長・アカシカのルイと不格好ながら確かな絆を築いて行ったり、様々な種類の動物たちと交流をすることで、いろんな世界や考え方を学んでいく、レゴシの成長物語でもあります。

生々しく描かれるヒューマンドラマの中に、人間世界にも通ずる思いやしがらみなども、ダイナミックな筆遣いと共に美しく表現されています。

食殺犯事件が収束し、学校を辞め一人暮らしを始めたことにより、もっと広くてリアルな大人の世界を目の当たりにするレゴシ。そこで「悪獣」とされ指名手配中のヒョウとガゼルのハーフ・メロンと出会い、興味を持ってしまったことにより、今度は世の中のバランスが崩れ出す・・・。

メロンを止めなくちゃ。
様々な出会いと身を削るような修行を経て、さらには異種であるコモドオオトカゲの祖父・ゴーシャや、メロンと同じく混血であることに悩んで自ら命を絶った母・レアノへの思いを募らせるレゴシ。ルイやハル、その他友人や世話になった獣たちの思いを背負っていざメロンと決闘だ!


今回はそんな「BEASTARS」178話のネタバレを紹介します。

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、今すぐ無料で読めますよ!(^^)

600円分のポイントがもらえる/

前話までのあらすじ

メロンと戦うべく、縄張り争いの「愛肉の日」の渦中に乗り込むレゴシ。

最初に相対したのは祖父・ゴーシャと同じコモドオオトカゲの「ドク組」。
毒牙を喰らったが、混血であるからか生命の神秘か、一度抜いた牙が生えてきた!

毒が効かないことがお互いに幸いと、レゴシとドク組ボス・サボンの決闘が始まる!

レゴシにとって、ドク組の体は美しく、落ち着くもの。
そこに付け込んで容赦ない攻撃を打ち込んでいくサボン!

そんなサボンもレゴシが今までに出会ったことのない敵だ、と思ったのか、トカゲ特有の「尻尾の自切」をしてみせ、その尻尾をレゴシに投げてよこす。
そこには小型爆弾が・・・

爆発に巻き込まれ、瓦礫の下敷きになるレゴシ!

レゴシを讃え、「サボンとは石鹸という意味だ。毒を持つものがこんな名前お笑いだろ」と思い出話をしながらレゴシを弔おうとするサボンに「うらめしや」と声が。

レゴシは生きていた!
しかし、自切した尻尾に爆弾をつけて攻撃する切り札、「断尾弾」の音を聞いたら幹部も同じ犠牲を払うと連続で爆弾を3発喰らうレゴシ!絶対絶命か!?

尻尾で首を押さえつける「尾の首絞め」でレゴシにとどめを刺そうとするサボンが何かに気づく。

レゴシの両手に、まだピチピチと動くドク組4匹の切れた尻尾が・・・。

「切りたての尻尾には意識があるのでしょう?だから傷ついちゃったら可哀相で」
まるで子供を庇うかのように尻尾を抱きかかえるレゴシ。尻尾を傷つけないために、爆発をあえて受けたのでした。

「お前の混血の松明で、その尻尾を火葬させてくれ」

4匹の尻尾をレゴシの松明で燃やすサボン。この行動の意味とは・・・。

BEASTARS 178話 ネタバレ

敗北は新たな戦いへ

尻尾を燃やしながら「我々ドク組の誇り、今夜お前に託すことにした」とサボン。
どうやらレゴシに敗北したことを認め、レゴシに最後まで行ってほしいとサボンも願っているようです。

自分とルイ、そしてドク組の尻尾の匂いをつけ大きくなった松明の炎を掲げ、「きちんと縄張り争いに参加してるぞ」と少し得意になるレゴシ。こういう所まだ子供だなと思いますよね・・・
野次馬たちもレゴシの炎にテンションを上げている様子。

その様子を不敵な笑みを浮かべながら見つめるラスボス・メロン

「楽しそうだなオイ・・・まるで高校生のガキで盛り上がる文化祭じゃねぇか」

俺が通過してこなかった青春作ってやがる・・・と恨めしそうに語るメロン。
自らハーフであることに枷をつけ、激動の半生を生きてきたことを少なからず後悔している部分もあるのでしょうか。そしてレゴシも退学していなければ高校3年生でしたからね・・・学生をやっていれば高校生活最後の文化祭だ、と仲間と抱き合って泣いたりしていたかもしれませんね。チェリートン学園にも「隕石祭」という文化祭がありました。皮肉なものです。

そこへシシ組のライオンたちが「メロン・・・マダラ組だ」と報告。
見るとそこにはシシ組にいつ戦闘を吹っ掛けるか虎視眈々と狙っているマダラ組が。
「大人しく観戦してるつもりか?シシ組」と睨みを効かせています。

マダラ組はヒョウで構成された組。愛肉の日の挨拶の最中、メロンはマダラ組員の片手を鉄砲で撃ち切るという暴挙に出ていたし、マダラ組としても傍観しているだけの相手ではないという思いがあるのでしょう。憎くて愛しいメロンの母親と同じ種族ですしね。

「ママンを20回殺してこの肉体試すのも悪くねぇな」
シシ組とマダラ組の対戦が始まった・・・!

一方レゴシは、メスだけで構成されたイナリ組に睨まれて固まっていました。ウブレゴシめ・・・

女性の品格は怖い!?

イナリ組はキタキツネのメスだけで構成された組。たくさんのメスに低い目線から睨まれながら、「俺が最も苦手な女性との戦闘だ・・・」と冷や汗と硬直が止まらないレゴシ。裏市では情けは無用、とドク組に教わったのに・・・。

レゴシの名を聞いた後、目線を逸らしたレゴシに「私はイナリ組ボス・テンよ」と名乗りが聞こえる。しかしそこには姿はなく、いつの間にかフェンスの上に立っていたテン。

そして容赦なくレゴシの肩に膝を落とすテン!
すかさず「レゴシくん童貞でしょ」と一蹴。その問いに「そうだ・・・俺はずっと女性が怖い」と童貞丸出しの心の声。口に出さなくてもテンにはわかるでしょうね(笑)

緊張して立ったレゴシの尻尾をまさぐりながら「本当男って下品な生き物よね」とテン。
「常に欲望むき出し、女はいつだってその欲望の目にさらされてる」

女ならではの苦悩・・・今までたくさん男によって「女だから」「女のくせに」という目線を向けられてきた怒りと悔しさ・・・という事情があるのか、と考えている間にテンはどんどん自分に有利な態勢に持って行く!

「欲望ってのは普段ひた隠しているから発散する時気持ちいいのにね」
その瞬間、テンの両手はレゴシの尻尾を掴み、右足のヒールがレゴシの背中に突き立っている!

「これからの裏市は女組織が品格を持たせるの。夜だけやらしくなる女のような高い品格をね♡」

レゴシの尻尾を引きちぎらんとする力も、レゴシの背中を貫かんとするヒールの力も、女性の全力といった感じ・・・いくら強くてもオスであるレゴシの全力には負ける気がします。

「どうする?体重は軽いし投げ飛ばす?でも怪我させたら!?」
緊急事態でも相手を気遣ってしまうレゴシ、なぜ戦闘に参加しているんだろう・・・←

そう考えていると、ポロッと落ちるテンのヒール。
思わずヒールを拾い上げ、走り出すレゴシ!

「やっぱりそれサイズミスってたわ。返しなさい」と追いかけるテン。
テンの声が聞こえてか聞こえずか、「女性を殴ったり蹴ったりなんて俺にはできない!」「こういう躊躇いも差別や傲慢だと思われたらそれまでだけど」と悶々と逃げながら考えるレゴシ。

でもやっぱりさ、女性は女性じゃん!!!

今まで出会って来た女性全員に敬意を示す戦い方を俺は選びます!!

そういえば、少し前に修行したキューが「本気で私を襲え」と言った時にもずっとまごまごしていたレゴシ。その時は牙がなかったので入れ歯を外し、歯茎だけでキューに噛みつくことで唾液まみれにするという独特のダメージの与え方をしたレゴシでした。

独特すぎる考え方を持つレゴシが考える「敬意ある戦い」とは・・・?

罰と女装と宣戦布告

逃げながらおもむろにズボンを脱ぐレゴシ。

「どういうつもりなのあんた・・・」
ドン引きのテンの目線の先には、

ズボンを一枚の布にし、チューブトップのような格好になるレゴシが・・・。
足には先程脱げたテンの大き目サイズのヒール。本当にどういうつもりなのか・・・

流血で化粧の真似事をしながら「二度目なんです、女装をするの」と淡々と語り出すレゴシ。
以前の女装はこれまた裏市関連で、当時シシ組のボスだったルイに食殺犯との決闘の見届け人になってもらおうと、一時シシ組を離れる許可を取るため、ルイの彼女として女装してシシ組に潜入した時でした。

「高いヒールを履くと背筋がシャンとしますね」と語るレゴシに「入荷を待たず大きめのヒールを買った罰がこれ?」と訝し気な表情を浮かべるテン。確かに突貫工事の女装を見せつけられたらそう思ってしまうかも・・・

「タイトな服着てピンヒール履いて、それでようやくあなたたちと同じ土俵に立てるんじゃないかって」

「俺なりの宣戦布告です」
レゴシにはまだ闘志が燃えているようです・・・!

「言っとくけどラクじゃないわよ。スカートでのファイトにパンチラはご法度」
人間世界でも、女性が戦うシーンで戦いそのものを見ず、そういう目線でしか楽しめない男性っていますよね・・・テンが嫌う「下品」はそういう男のことかもしれません。

「了解です!!」
互いに膝を繰り出し、第2戦の火蓋が切って落とされた!!

BEASARS 178話 感想・まとめ

ドク組とは、レゴシの勝利という結果になったようです。

どちらかが倒れたら勝敗がつく、という方法ではなく、松明に匂いを足していくという方式が新しいですね。炎が消えた時には完全に機能しなくなりそうな所に誇りと儚さを感じます。

そして次はどちらと対戦するのか?と楽しみにしていたら、まさかのマダラ組とシシ組が戦うことになりました!メロンの憧憬にはレゴシを羨む表情さえうかがえた気がします。

そのせいでレゴシは必然的に女性であるイナリ組と戦うことになりました。キレーな大人のお姉さん・・・と血みどろの戦いをしなくてはいけない現実が辛いですが、レゴシはそこん所どう思ってるのでしょうか?ウサギのハル、キューには「かわいい」という感情を抱いているようですが・・・まぁ元々「草食獣が好きだという本能」に辟易しているレゴシですから、テンには意外とドライなのかもしれませんね。

わざわざ女装してテンと戦うことを選んだレゴシ!
そしてマダラ組とシシ組の戦いの行方は!?
次回も楽しみです!

BEASTARSを無料で読む方法!

今回は、「BEASTARS」の178話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

レゴシのまだまだ若い表情、メロンの不敵な笑み、美獣イナリ組のキックなど、見所満載!

ぜひお手に取ってご覧ください!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆



コメント

タイトルとURLをコピーしました