魔入りました!入間くん! 157話 ネタバレ!オトモダチ☆

週刊少年チャンピオン

2017年から週刊少年チャンピオンにて連載されている「魔入りました!入間くん」。

クズ両親により悪魔サリバンに売られてしまったお人よしすぎる少年・入間。
でもサリバンには完璧な衣食住を与えられ、孫として溺愛されまくり。
サリバンが学長を務める悪魔学校(バビルス)に通うことになります。

人間とバレてはいけない・・・。
ドキドキの日々、でも悪魔の生徒たちと協力しながら、悪魔学校で最重要とされる「位階(ランクアップ)」を目指し楽しく精進!しています。

ランクアップチャンスの2大イベントの1つ「収穫祭」が終わり次は「音楽祭」!

いつもは地味目女子なケロリが、「アクドル・くろむちゃん」のプライドもあり、問題児クラスに「ヘルダンス」を提案!

衣装も動きも歌も揃えて大人数でダンス!目立たないプルソン姐さん・エリザベッタを目立たせ、全員ランク4にしよう!

音楽チームには特別講師・カルエゴの容赦ない特訓が・・・!そんな入間くんの最新話、157話のネタバレです。

ネタバレの前に絵付きで楽しみたい方!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、今すぐ無料で読めますよ!(^^)

600円分のポイントがもらえる/

合わせて読みたい

魔入りました!入間くん 前話までのあらすじ

ケロリの直談判により、割とあっさり入間とプルソンの演奏指導に携わることを了承したカルエゴ。

しかしさすがは最も厳粛な悪魔・カルエゴ。6時間ぶっ通しのレッスンを容赦なく行う・・・

入間とプルソンが音楽や楽器への基礎がしっかりしていないこともさることながら、問題児クラスが選んだ曲というのが少し厄介なんだそうで。

伝説の女悪魔・リリスを賞賛し、憧れた男たちの骸を表現した「リリス・カーペット」という曲。

どんなに取り繕っても魔界で一番美しいとされた悪魔を何人たりともなびかせることができなかった・・・そういう「世界」を入間たち自身で表現できなくてはいけない、これは愛の曲なのだ、とカルエゴの教え。
カルエゴの口から「愛」という言葉が出たことに思わずプルソンは吹き出してしまうのですが(笑)

入間も、そんな極上の美悪魔を喜ばせる世界を想像してみるも、なぜかリリスと高級なご馳走をおなかいっぱい食べる想像になってしまう・・・!?
これにはカルエゴもイライラを隠せず、プルソンも肩を震わせ笑っている・・・。

一方ダンスチームのアスモデウスとクララは、なぜか両腕と両足に枷のようなものをつけられて特訓中・・・!?


魔入りました!入間くん 157話 ネタバレ

いつまでも犬猿の仲?

アスモデウスとクララが腕と足に着けていたのは、「モノ魔ネ腕輪」という魔界の道具。いわゆる「魔具」です。
元々は魔獣を制御するための道具であるが、魔力を込めれば着けたもの同士の動きをシンクロさせることができるものです。

あえて問題児クラスにつけて全員で動きをシンクロさせようという作戦のようです。
しかし魔界の道具は悪魔たちでも扱いが難しいらしく・・・

全員で盛大にズッコケるという始末・・・

そこでケロリは、3:3:3:2というグループを作ってそれぞれでまず合わせてから全員で合わせる手法を考えます。
「特にそこの2人!」と、入間がいないとつい言い争いになってしまう、アスモデウスとクララに釘を刺して・・・

しかし、何度やってもズッコけてしまう2人。
自由に動こうとするクララにアスモデウスが声を上げるといったいつものやり取り・・・

このままでは延々と醜態をさらすことに!入間様にも顔向けできない!
アスモデウスは入間に心酔しており「様」呼びしていますからね。
焦った2人は、他のチームを偵察することにしました。腕輪着けっぱなしでアスモデウスは引きずられてますが・・・。

それぞれの練習と、シンクロは「入間」?

まずは、アロケル・ゴエモン・カムイのチーム。

意外にも3人バッチリ息を揃えている様子。アスモデウスも「う、上手い!」と思わずポロリ。
すかさず「間違えるわけにはいかないのです!」と妙に真剣なカムイ。

どうやら制約を設けて集中しようという作戦で、その方法が「間違えたら自分が持っている女子生徒の情報を開示」という、何ともゲスい内容・・・思春期の男子らしいですけどね。

女好きで通っているカムイはもちろん、硬派に見えるゴエモンとアロケルも、他クラスの女子と仲良しだったりサバト(合コン)に行っていたりやることはやっていますからね・・・
きっかけはどうあれ、熱意を持ってそれが結果になっているならいいのでしょう。

続いて、エリザベッタ・リード・サブノックのチーム。

思いっきりエリザベッタを意識するリード。2人の世界に酔いしれていると、視界に飛び込む筋骨隆々な体・・・。
ピアノも弾けるしダンスも上手いサブノック。これはまたファンが増えそう・・・w
エリザベッタもサブノックを褒め、楽しそうな雰囲気。
それに思いっきり嫉妬するリード。ここもいつもの感じ・・・。

そして、ケロリ・ジャズ・アガレスのチーム。

家系能力の影響もあり、アガレスはいつも眠そうでめんどくさそうにしています。
そんなアガレスにケロリは「笑顔」の特訓を叩きこんでいる真っ最中。
「覚えるのはステップで笑顔はどうでもいいじゃん」というアガレスに、

「よくない!あなたの顔はキラキラの卵なの!」

「美しく生まれた者はその輝きを振りまく義務があるのよ!!」

ジャズは2人をなだめながら、「悪周期の弟妹がいたらこんなかなぁ」と想像中。
ジャズには悪周期以外でも見境がなく手を焼く兄貴がいますからね・・・。

騒がしくも、ちゃんと練習して上達している様子の各チーム。
アスモデウスとクララはそれを見て、「我々も腹を割って話そう」となり・・・

アスモデウス「落ち着け。突発的に好き勝手動くな!ガサツだ!」
クララ「うちでは大人しいもん!アズアズだってガサツでさびしんぼだ!」

ウァラクって言うし!」

そういえば、アスモデウスだけずっとクララを苗字に当たる「ウァラク」呼びですね・・・

「「入間様(ち)に会いたい」」

お?ずっとそりが合わなかった2人がハモった・・・

入間はすごい。みんなもすごい!

「大発見をした」とクララ。

「入間ちがいなかったら、私たち出会ってもいなかったよ」
「すごいねぇ・・・私たちすごいラッキーだねぇ」

ぼんやりと、しかし本心で「・・・あぁ」と返事をするアスモデウス。

私たちを出会わせてくれた入間ちはめっちゃすごい!
その通りだ!それに尽きる!
入間に対してでは息ピッタリの2人です。自慢げに笑う顔もシンクロしています。

「すごい入間ちのオトモダチなんだから、ダンスもすごいのできないとね」とクララが言った瞬間、

「あほクララ」
あ・・・アスモデウスが「クララ」って呼んだ!

ぱぁっと顔が明るくなるクララ!ずっと「クララ」って呼んでほしかったんだろうなぁ。

アスモデウスも名前で呼ぶ!と意気込むも、アスモデウスの名前「アリス」を思い出せないままのクララなのでした。

それから各自、短所を補いながら少しずつ大人数で揃えていく。
みんな、そりが合うわけじゃないし考え方も違うから、ケンカだってしちゃうけど。

ダダンッ!!!

ダンスチーム11人で揃えることができた!!!
それじゃあ音楽チームと合流よ!!!

最後まで言い争いをするアスモデウスとクララを、微笑ましく見守る問題児クラスなのでした。

魔入りました!入間くん 157話 感想・まとめ

魔具使ってまで揃えるなんてすごい根性ですね!魔獣用ってのはちょっと引っ掛かりますが・・・。

確かに、アスモデウスとクララは入間が間に入ることによって成り立っている感じありましたね。2人きりだと、クララの自由人ぷりにアスモデウスが翻弄される形で。

そんな2人が、入間がいなくても入間を通してお互いを理解して距離を縮めていく。
アスモデウスの初めてのクララ呼びと、心底嬉しそうな顔のクララには思わず目がうるんでしまいます;

そして各チームの練習風景もそれぞれで面白かったですね!
アロケルのサバトの模様や、ゴエモンの交遊関係が個人的には気になる所・・・本人たちは「墓場まで持っていく」そうですが・・・。
「魔王になること」しか興味がなさそうな、パワー重視のサブノックが前回のピアノに引き続きダンスもそつなくこなしていることに、サブノックへの株は爆上がりです!

バッチリ11人で揃えたダンスチーム!
カルエゴ先生の猛特訓を受けている演奏チームと合わせることはできるか・・・?
次回も楽しみです!

魔入りました!入間くんを無料で読む方法!

今回は、「魔入りました!入間くん」の157話ネタバレを紹介しました!

が…

やっぱり、絵と一緒に読んだ方が絶対面白いですよね!

U-NEXTの無料トライアルを利用したら、すぐにお得に読めます!(#^^#)

輝く笑顔のクララのかわいさ!なのにダンスの描写は超カッコイイ!

ぜひお手に取ってご覧ください!

  • 登録後、600円分のポイント+差額で今すぐ読める!
  • もし、作品が600円以下なら完全無料で新刊が読める!
  • トライアル期間中、動画.雑誌.漫画.書籍の無料コンテンツ見放題!
  • 雑誌は最新刊70冊が常に読み放題!
  • 週刊少年マガジン.サンデーは2冊無料
  • 全ての作品がずっと40%ポイント還元
  • 31日以内に解約すると完全無料!

☆とってもカンタン☆

合わせて読みたい



コメント

タイトルとURLをコピーしました