アドレスホッパーという生き方について詳しく調べてみました!


みなさんは色々なところで自由に生活ができたらいいなぁ。
と思ったことはありませんか??
今、この夢のような自由な生活が確立されつつあるのをご
存知でしょうか?
そう。その生活こそ 『アドレスホッパー』 です!!
それではアドレスホッパーとはに迫っていきます!!
・アドレスホッパーとは?
    ・メリット
  ・デメリット
・住民税の支払い義務は?
・仕事は何をしているのか
・アドレスホッパーとは 住所を移動するという意味であり、 家を持たない生活のことなのです!

家を持たずに、いつでも自由に住むところを変えることが
できます!
これは、旅が好きな人や、世界中を飛び回って仕事をする
人にはうってつけの生活ではないでしょうか!!
近頃はどこにいてもインターネットは接続できたりするの で、パソコン一台あれば 仕事は問題なく行えますし、Airbnbなどのサービスも出て きていますので、そういった技術的な進歩が背景となって このような新しい生活が生まれたのではないでしょうか!
・メリット
このアドレスホッパーという生活はどんなメリットがある
のでしょうか?
1自由に生活する場所を変えることが出来る

これは一番わかりやすいメリットではないでしょうか。

旅好きの人にとっては最高だと思います!
常に自分の行きたい場所へ行って生活を送る。

  旅行するにはお金が当然かかります。家があると家賃に
旅費という形になりますが、アドレスホッパーは家賃の支
払いがないので、旅費に全て捧げられます!

また、仕事であちこちに点々と暮らす人にとっては、ど
こかに家があるとまたその家賃を負担しなくてはいけませ
ん!
  どこかに生活場所を構えているということは、ある人に とってはデメリットにもなり得るのです。
そんなデメリットを解消してくれるスタイルです!
2行く先々で色々な体験ができる
こちらも大きなメリットではないでしょうか!?
行く先々で出会う人や食べ物、景色、経験、、、、

そこに行くまでは絶対に経験出来ないものってたくさん
ありますよね!
  例えば、行った先でディープな居酒屋を見つけて入った り、またそこで知り合うディープな人々! 
その人たちから、その地域の面白い話や、また別の美味
しいものを教えてもらったりなどなど。

  またその場所に行って初めて見られる素晴らしい景観や、 あるいは苦労なども!

行ってみて初めて得られるものは多いと思います!
その経験がこの後の人生に影響を及ぼすことだって十二
分に考えられます!
人生を豊かにする一つの方法なのかもしれませんね!
3生活費用を削減できる  家を持つとどうしても避けられないのが、家賃、光熱費、 維持費などなどの諸費用ではないでしょうか。
毎月毎月何もしてなくても発生する費用です。
  アドレスホッパーも住む場所を変えているだけなので、宿 泊費と行った形で生活費を支払ってはいるのですが、それ も安く済ませようと思ったら済ませられますし、光熱費は 入ってこないので、比較的に安く済ませられるでしょう。
・デメリット
ではこの新しい生活は万能なのかというと、もちろん不 便さもあります。

  1毎日生活する場所を探す必要がある  毎日宿泊するというのは面倒ではありますよね。  ある地域ではタイミング的に、すんなり予約が出来    ないなんてこともあります。
    疲れている日にすんなり行かないと嫌ですよね。  毎日探さないといけないというのは不便ですね。。
2持ち物が増えると不便  意外とこれはデメリットではないでしょうか。  アドレスホッパーは移動しながら生活してくので、  持ち物が増えると、移動しづらくなってしまいます。
3家族ができると難しい
独身であったなら、この生活は自由が利くのでいい      
かもしれませんが、家族全員でというのは、時代としてま
だまだ厳しいかもしれません。
お子さんの学校も日ごとに変えるわけにも行きませんで
しょうし。。
4迷惑に思われることもあります
アドレスホッパーはその日の住処を見つけなくてはいけ 
ません。
泊まる場所が見つからなかった場合は、知り合いの家に  泊めてもらうこともあります。

  しかし、突然泊まりに来られることを嫌がる人もいるの  は当然ですよね。
  またコンパクトとは言え、ある程度の荷物も常に持ち歩 いているので、その荷物が知らずに他人の迷惑になってい  るかもしれません。
この2点は注意しないと周りによく思われないかもしれま  せんね。
・住民税の支払い義務は?
そういえば特定の住所がないということは、住民税の支払
い義務はないのか?
という疑問が上がると思います。
  日本人は従来特定の地域に居を構えていたら、住民税は嫌 でも払わないといけないのです。
結論からいうとアドレスホッパーをしている人も払ってい ます!
住民税は毎年1月1日に所在している場所で、どの地域に
納税するかが確定

するのです。確定申告した際に書いた住所が納税場所にな ります。
よって払う義務を免れていると言ったことはありません!
・仕事は何をしているのか 現在ではコアーキングスペースやカフェなどでパソコンが
使える環境があれば仕事 が出来る時代です。
WEBライターやエンジニアなどのフリーランスの方など、 リモートワークが可能
な仕事をしている人が多いです!
働き方改革をうまく成功させている人々なのかもしれませ
んね!!
まとめ・感想 この住処を特定せずに自由に生活していくスタイル!

なんとも自由でかっこいいと思います!!
そこにある出会いや別れ、様々な経験
まるでRPGゲームのような生活みたいだなと思います!!
もちろんその生活はまだ登場して間もないので、世間には
まだほとんど認知されてはいないでしょう。
しかし今後働き方改革や、技術・サービスが進歩していけ

このスタイルも日本で流行ると思います!!
著名人でこの生活をしている人はホリエモンなんかがそう
ではないでしょうか!
彼は家は無駄だからと、ホテル暮らしだそうです。 ホリエモンもアドレスホッパー として暮らしています!!
皆さんも今後のライフスタイルの一つの選択肢をして注目
してみてはいかがでしょうか!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました