ポジティブ精神の大切さ!正社員の頃の辛いことをまとめました!

わたしは以前正社員として働いていました。

しかし、ある時一人暮らしをするにあたって、当時の給与だけでは生活費をまかなえず、泣く泣く夜の仕事で勤務することになりました。

最初は嫌で仕方なかったのですが、一般常識やテーブルマナー、先輩への気遣い、お客様のおもてなしなど様々なことを学ぶことが出来ました。

いまでは一般的にはあまりいいイメージのない職業ですが、接客面でのスキルアップや人との付き合い方というものを学ぶことが出来てとてもいい経験でした。

働き始め

働き始めの時は人見知りで簡単な相槌しかうつことができず、いつも上司から注意されていましたが、徐々に慣れていきました。

一人一人に興味をもって話を聞くことで自分も相手に良い印象を与えることができるということに気付くことが出来ました。

さらに拙い知識しかなかった自分が、県外の方々や地元の話など聞いて吸収することによって自分の中の世界が広がり、様々な見解で物事を捉えることができるようになりました。

また以前正社員で働いていた時からやりがいだった、お客様に「ありがとう!また来るね!」という言葉が昼の仕事でも夜の仕事でも変わらないんだなということに気付き、また言ってもらえるようにどんな時でも、一期一会を大事にしようと思うようになりました。

話の合わないお客さんに対して.,,

私は年齢が若いのであまり地元の方言というものがあまり言えず、県外から来てくださったお客様になかなか喜んでもらえなかったことがありました。

せっかくご当地にきてその土地の方言や食べ物、美味しいお店など知りたくても無知な私には少ない情報しか与えることができず困りました。

また地元の方々とお話する機会があってと、意外と自分の地元の事って知らなかったり興味をもって調べたりすることも無かったので、会話がなかなか弾まずいつもどうしたらいいんだろう、口下手なのかな、やっぱり接客業向いてないのかとネガティブ思考になったりしていました。

また歳が近い女の子同士のコミュニケーションのとり方が分からず、なかなか打ち解けないでいました。

知識の収集

わたしはどんなお客様にも喜んでもらいたくて、実際に同伴で色んな場所に行ってみて美味しいかどうか食べてみたり、お土産はなにがオススメとか郷土料理はなにがあるのかなど地元の人だけでなく、同じ店で働いている女の子にも聞いて自分の知識にしていきました。

また普段からニュースを見るようにして、季節ごとのイベントだったりを知ってリアルタイムでお客様に紹介してとても喜んでいただきました。

またその過程で女の子との会話も徐々に増えてきたので、自然とコミュニケーションをとることができるようになり、一石二鳥で良かったなと思いました。

女の子との距離が近くなると、店全体がアットホームになるので雰囲気もよくなり、お客様がいやすい環境にもすることができました。

実際の行動が何よりも大事

自分でできることは人から積極的に話を聞く、実際に行ってみる、テレビやネットのニュースで情報を仕入れるという事しか頭に浮かばなかったのですが、今思うともっと余暇をつかって県外に行っていろいろ見てくれば良かったのかなと思っています。

なかなか時間もなかったのですが、それを言い訳にして行かなかった自分もいるのでそこは怠惰だと思います。

またわたしの家は大家族で、姉が一人県外にいるということで、もっと家族とのコミュニケーションをとって電話してみたりメールだけでもするべきだったと思います。

店の女の子に関しては、プライベートで一緒に飲みにいったりするということが今までなかったので、一緒にご飯や飲みなど行くべきだったと思います。

限界を決めてしまうのは悲しいこと

わたしはこれらの事を通して、なんでも自分で限界を決めてしまうとそこまでしか人は成長しないんだということに気付くことができました。

さらに今の自分に満足して、このままでいいやなどと現状維持という選択をしてしまうとそこから成長もすることなくむしろ衰退してしまうので、常に今の自分には満足せず、向上心をもつくことが大事なんだと学びました。

また接客という仕事を通して、世の中一期一会を大事にしていると思わぬ所で出会いがあったり、それがまた学ぶということに繋がるのかと思いました。

わたしはいま常に夢や目標などを持つようにしています。

そうすることで人は少しずつでも成長し、知識だけでなく心も豊かになると信じています。

おわりに 私はこれらの出来事を通して、どんな仕事もどんな出会いにも、何かしらの意味があるのだと考える様になりました。

全ての事は無駄ではないし、それをどう上手に考えるかが大切なんだと思います。

そして、生きてく上でなにか夢を持っていくこと。

たまに辛いことがあってもきちんと前を向き向上心をもって生きていくことで、自分の生き方を見つけ内面も、また技術面でも成長することができるのではないのかと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました