努力ができない人は何が原因や対処法!行動に移せない理由とは?

「やればできるのに…どうしても行動に移せない」

「やらなければならないのに…続かない」

そんな経験はありませんか?

努力しようと思っても、どうしても一歩踏み出せなかったり、続かなかったりして、努力ができない時というのはあると思います。

そんなときの対処法について記載していきます。

努力ができない原因とは?

努力ができない人には理由がいくつかあります。

自信がない

一つは、自信がないこと、努力して結果を出したことがない人には、そもそも努力の素晴らしさがわかりません。

努力で自分に磨きがかかった経験さえ積めばそれが自信になり、努力が大好きな人になれます。

努力が実らなかった経験

2つ目は、過去に努力してもかなわない相手に敗北感を植えつけられた経験があるためです。

例えば3年間甲子園を目指していた野球部が、他の強豪校に負けて夏の甲子園を逃したとすると、野球をやっていない他の生徒よりも俺の努力は一体なんだったんだと疑問を持ってしまいます。

こう言った努力に対する不信感、結果の伴わなかった経験をすると、人は努力をしなくなります。

無理な目標

努力できない人は、総じて途中で諦めざる得ないような無理な目標を立てているケースが多いです。

そのため、それが非現実的なので、体力的にも気力的にも挫折しやすくなります。

そうして挫折を経験するとあんなに頑張ったのにダメだったという失敗の経験ができ、努力に自信が持てなくなるのです。

成長している実感が感じられない

努力ができない理由としては、成長している実感や効果を感じることができないからです。

努力ができない人の中には、やればすぐに効果が現れると思ってしまう人がいます。

例えば、ダイエットは3か月程度続けてみないと、目に見える効果は実感しづらいものだと思います。

それにも関わらず、すぐに結果を求め、結果が出ないことにいら立ちを感じ、すぐに努力をやめてしまいます。

また、テストを例にとっても、努力ができない人は日々の成果を直接見ることができないのでコツコツ毎日勉強することはせず、一夜漬けをすることが多いかと思います。

本当に努力ができない人は一夜漬けすらもせず、テスト当日を迎えることもあるでしょう。

努力ができない場合の対処法

手紙や紙に目標を書いてみる

簡単な目標でいいのでそれを手帳や紙に書いていつもみれるようにしましょう。

目標には期限をつけて、それが長期的な目標であれば、短く、大きな目標であれば、小さな目標に分解しましょう。

こうして小さな目標に短い期限をつけることで、時間の経過とともに具体的に何に取り組んでいるかが明確になり、やる気も出てきます。

大事なのは、結果を出した達成感を味わう事と、時間が経過するごとに立てた目標をクリアして行っている自分を認識できる事です。

ぜひ試してみてください。

結果を出す癖をつける

まずは、簡単なことから結果を出す癖をつけることです。

今直近で努力しなければならないことが見当たらないという人も、何かを初めてそこに目標を立ててみてください。

大きい目標であるに越したことはないですが、ポイントは、その目標を一度達成しやすい目標に分解して、その小さな目標に期限をつけてみることです。

例えばダイエットだったら、5キロ痩せるという目標を1ヶ月に1キロ痩せるに変えて、それを5ヶ月続けると言った感じです。

1ヶ月ダイエットしてとても1キロ痩せられないようなら、目標をさらに軽くして期限を延長すればいいのです。

例え小さな目標でもそれに期限を自分で設定すれば、簡単に難易度を調整できますし、難しければ、延長して難易度を下げてやるだけです。

自分自身を認める

対処法は結果ではなく「したこと」を受け止めることです。 例えばダイエットだと、「3キロ痩せる」という結果はすぐには目に見えません。

それに対して、「腹筋を10回やる」など自分がしたことは目に見える形で蓄積することができます。

それが重なると、必然的に結果にもつながるのではないでしょうか。

何かに取り組むとなると、人間はつい大きな目標や大きな数字で考えてしまいがちです。

ですが、たとえ1回でも努力は努力です。

「腹筋を1回やった」でももちろん「したこと」ですし、「会議に間に合わなそうな時、走った」など意図せずともダイエットにつながる内容は「したこと」と捉え、自分の努力を受け止めましょう。

そうすれば、自分の努力を認め、成長を感じるきっかけになると思います。

おわりに

努力できない場合というのは、自分自身を認められない、自信が無い、過去の経験、そして無理な目標設定から来ているものと思います。

まずは自分自身を見つめなおし、小さな目標から超えていくことが必要です。

何度も経験を繰り返すことで、自分を認められるようになります。

そうすることで、努力のはハードルを少しずつ高くすると、上手く努力ができるようになりますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました