学び効率が最大化する【INPUT大全】自己啓発書をご紹介!

 

今回は著者樺沢紫苑 さんの

【学び効率が最大化する インプット大全】

を紹介します。

アウトプット大全が発行された1年後に出版された2部作です。

突然ですが「昨日覚えたはずのことが思い出せない」ことはありませんか?

私は日常茶飯事です(笑)

また、感動した映画を見た後に友達に感想を求められた時

 「とりあえずよかった!」と漠然とした感想しか言えないときありませんか?

これらは、インプットの方法を間違えている可能性が高いです。

この本を読めば効率よく物事を学ぶ方法を知ることができます。

しかも、忘れない長期的な記憶として!

なんとインプットの効率を30倍にも高めることができるのです。

これであなたも明日から学び効率最大化\(^^)/

作品紹介

OUTPUT大全から約1年かけて発行されたINPUT大全。

OUTPUTするためのINPUTの方法が書かれています!

著者は究極のアウトプッター 樺沢紫苑

著者は樺沢紫苑さんです。

この方は究極のアウトプッターで

  • 毎日メルマガ更新  14年
  • 毎日Facebook更新  9年
  • 毎日YouTube更新  6年    などなどアウトプットしまくりの精神科医です‼

情報過多の今だからこそ読むべき一冊

電車の中を見渡すと、スマホをいじっている人ばかりですよね。

私もその一人ですが…(*_*)

スマホで何をしているかって、誰かと連絡をとったり、動画をみたり、ネットサーフィンしたり…

それってつまり、すべて情報を自分の中に取り入れているということです。

常にインプット状態になっているあなた。

スマホを触っているとき、笑顔の人は少ないですよね。

調査によると現代のスマホユーザー約33%はスマホ疲れに陥っています。

スマホ疲れとは、情報疲れとも言えますよね。

情報を自分の中に取り入れすぎて、脳内がキャパオーバーになっているのです。

これでは、本当に欲しい時に欲しい情報をインプットすることができません。

情報過多な現代だからこそ、生産性の高いインプットをおこない、効率的なアウトプットが求められているのです‼

おすすめポイント

シチュエーションに合わせて効率的なインプット術が分かる

この本では様々なシチュエーションに合わせた効率的なインプットの仕方が紹介されています。

例えば映画を見るとき。

映画はエンターテイメントとして楽しむものですがただ見るだけではもったいない‼

樺沢紫苑さんは本の中で

映画を観るとは 他人の人生を生きるということ

と名言。

つまり10本映画を観れば10人の生死を含む人生を生きたことになります。

映画という2時間半の中に情報がたくさんつまっているのです。

確かに登場人物の表情をじっくりと観察することや、

小道具などから撮影状況を考察することなど考えることはたくさんありますよね‼

さらに映画の場合、見終わった直後がもっともアウトプットに適しているのです。

映画の感想を具体的に話したり、

ブログやSNSで投稿してあらすじと感想をアウトプットしたりすることでやっと自分のものになるのです。

つまり、映画を見る前から

「この映画についてブログに書くぞ!」

と決めることで

緊張感を持って鑑賞することができ

アウトプットのためのインプットが自ずとできるというわけです。

映画についてのインプット方法だけでも非常に興味深いですよね‼

このように、様々なシチュエーションに合わせたインプットの方法が紹介されています。

なんとなくの日々から脱出できる

あらゆるシチュエーションとパターンのインプット方法の紹介は

読んでいる途中から

「毎日注意深く生きていかなければいけないんだ!」

と思うようになります。

俗にいうチコちゃんの

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」状態です(笑)

あなたもこの本を読むと感じることができるでしょう。

「この場面でこんな風にインプットできるなんて…!」

「いままでスルーしてきたことを、少し気にかけるだけでもいいんだ」と。

なんとなくの日々が、発見だらけの有意義な毎日に感じられるようになります(^^)/

本を読む前に押さえておくべきポイント

この本を読む前にまずインプットについて基本的なことを押さえていきます。

これらを押さえておけば、さらに読みやすくなりますよ(^^♪

INPUTした記憶97%は忘れている

突然ですが、この1週間で覚えているニュースを覚えている限り書き出してみてください。

いくつ浮かび上がりましたか?

この実験を樺沢紫苑さんのセミナー参加者175人に試したところ、平均は3.9個でした。

3個以下の人が大半を占めていました。

最低30分のスマホいじりで一日20個ほどの情報を仕入れていたとしたら、一週間で140個。

その中で覚えているのはたったの3個ということになります。

つまり、インプットした約97%は忘れていて、たったの3%しか覚えていないのです‼

記憶に残すための黄金比は3:7

しかし、この本を読み実行に移せばインプットの効果は確実に高まります。

インプットの効果を高めるためには、インプットとアウトプットの割合が肝になります。

その黄金比は 

【インプット3アウトプット7】

です。

インプットはそれだけでいいの!?とびっくりですよね(*_*)

長期的な記憶に結び付けるためには、アウトプットしまくることが大切なのです‼

この本では、インプットした内容を2週間に3回アウトプットできたらやっと自分のものになるとしています。

インプットした内容をブログやSNSに投稿するので1回。それに対してのコメントや討論で2~3回といったところでしょうか(^^♪

インプットは量より質

インプットでもう一つ大切なことは

量よりも質

です。

1か月10冊本を読んでもアウトプットしたり、ながし読みしていては何に実にもなりません。

ただの時間の浪費です。

しかし1か月に3冊だけ読んでその本を注意深く読み、

読んだ後要約したり、レビューを書いて投稿したりすればそれはあなたの財産となります。

インプットは量よりも質が命です。

これらを念頭に置いて、本を開いてみてください(^^♪

読者の声

読者はインプット大全で学んだことを早速SNSに配信してOUTPUTしていました(^^)/

まとめ

☆生産性の高いインプットで、効率的なアウトプットができるようになる。

☆黄金比 インプット3:アウトプット7 

☆インプットは量よりも質が大切

☆インプット大全を読めば毎日を注意深く観察する能力が身につく

インプット大全と一緒にアウトプット大全も一緒に読んでみてください(^^)/

さらなる飛躍のチャンスです‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました