多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよがTwitterでバズる!

画像引用元:https://ddnavi.com/serial/pafe-neko/

本書は、SNSをはじめとした人間関係にまつわるお悩み(モヤモヤ)を引きずらないための【裏技】を、誰でも気軽に楽しみながら知って欲しいという著者の願いのもと誕生しました。

Twitter内で著者が描くマンガ『パフェねこシリーズ』は、累計50万以上リツイートされるほど大人気となっています。

そんな『パフェねこシリーズ』は、もともと著者が身近な友人に読んでもらうために書いていたものだったそうです。

しかし、『私はこれで人間関係が楽になったよ』というメッセージが込められたマンガは、またたくまに多くの方から大反響を受けました。

また、本書は秀逸なタイトルでも多くの方の心を鷲づかみにしています。

そのタイトルの裏には、著者が友人と交わした日常会話が隠されていたのです。

著者が人間関係で嫌なことがあり、“モヤモヤ“を引きずっていたある日のこと。

友人からなにげなく言われた、『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ』の一言に、

「こっちだけ悩んでバカみたいだなぁ」と、ストンと腑に落ちるように納得できて、ウソのように心が軽くなったのだそう。

マンガに登場する猫のキャラクターは、そんな著者自身と優しい友人もモデルの一部になっているようです。( ´∀`)

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 1巻」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 1巻」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

作品の紹介

画像引用元:https://www.shosen.co.jp/event/92059/

初版発行・2018年7月20日

著者・Jam

監修・名越康文

出版社・サンクチュアリ出版

著者紹介

画像引用元https://www.sanctuarybooks.jp/book-details/book1014.html

著者【Jam】

東京出身

本業はゲームグラフィックデザイナー。

子供の頃に絵を一生懸命描くと、誰かが笑ってくれたり喜んでくれたりしたことが嬉しく、その気持ちを今も抱きつづけながら絵を仕事にしている。

【経歴】

1992年4月〜2003年(株スクウェア)

2003年〜2008年9月(株)スクウェアエニックス

2009年9月〜フリーランスとして活動中

【書籍・連載】

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。」

サンクチュアリ出版

「にゃんしゃりで心のお片づけ。」

PHP出版

「まねきねこのうた」

秋田書店/エレガンスイブとスーフルで連載中

引用元:http://jam-filter.com/profile.html

【マンガと文章、異色のコラボ!!】

画像引用元:https://pixabay.com/ja/images/search/猫%E3%80%80寄り添う/

【シンプルな4コマ漫画】と、【文章】による解説を交互に読むことにより、著者からのメッセージがダイレクトに胸に刺さってきます。

まず4コマ漫画のページでは、個人差はございますが《自分と重なるネコ》、そして友達や職場の上司といった《知人と重なるネコ》が主に登場します。

そして、それらの《ネコ》に自分を置き換えてみることにより、私たち自身が認識している【自分】と、他人から見える【自分】とのギャップに気づかされる場面が多々あります。

ふだんの自分自身を客観的な視点で見ることができるのも、この本にしかない醍醐味といえるでしょう。

また、文章のページでは漫画の内容を深く掘り下げながら、人間関係でモヤモヤしていた時の著者が友達に言われてハッと気づかされた【体験談】や、著者自身で見出したあらゆる場面での難しい人間関係に対する【対処法】などが綴られています。

【凹んだネコと、励ますネコの掛け合いにほっこり】

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ%E3%80%82-Sanctuary-books-Jam/dp/4801400531

本書の表紙にも描かれているマンガ『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』で語られている内容だけでも、幅広く多くの方たちに癒しを与えています。

ここでもうひとつ、『励ますネコ』が登場する場面をご紹介しましょう。

P122.『人と比べて仕事ができない自分に落ち込む』

この項目では、「あの人に比べて私は・・・」と《凹むネコ》

それから「人と比べても仕方ないよ」と《励ますネコ》の2匹が登場します。

自己嫌悪の沼に沈みつづける《凹むネコ》を、一気に引っぱりあげてくれた《励ますネコ》の言葉がこちら。

それ、相手に近い実力を持っている自覚があるから落ち込むんだよ。

本当に勝負にならない相手とは比べたりしないもんだよ。

羽生結弦よりスケート下手でも落ち込まないでしょ?

引用元:P122.職場のモヤモヤ44 人と比べて仕事ができない自分に落ち込む

「ほんとだ、まず比べようとすら思わない…」

と《凹むネコ》の返事。

私も、これにはハッとさせられました。

つまりココで伝えてくれているメッセージとは…人と比べて凹んでいた自分は、自己評価が低いのではなく、むしろかなり高かったのだということです。

もし絶対的な差を感じているならば、そもそも落ち込むはずがないのだと。

職場だけでなく、学校に通う学生さんたちの多くも抱える悩みなのではないでしょうか。

テストの点数や、部活内での優劣はハッキリ目に見えてしまう場面がたくさんありますね。

そんな様々なシーンにおいて他人と自分を比べてしまったら、《励ますネコ》の言葉を思い出してみてください♪( ´▽`)

ちなみに、こちらは【職場におけるモヤモヤ】の項目で紹介されているものの1つですが、他にも場面を変えるだけで学生にも当てはまる“モヤモヤ“が同項目でも数多く紹介されています!

【共感者が後を絶たない!『そうだよなぁ~!!』のオンパレード】

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ%E3%80%82-Sanctuary-books-Jam/dp/4801400531

Twitterをはじめ、多方面の感想・レビューから、

“このネコは自分と似ている“

など、深く共感する声が続々と寄せられています。

その要因のひとつとして、著者自らが感じた現代社会における【悩み】や【嫉妬】を豊かな表現力でマンガに反映させていることにあります。

著者Jam先生が私たち読者にとって、より身近な存在として本書を手掛けているからこそ、幅広い読者の共感を呼んでいることに他なりません。

【自分の心を守る大切さを、この本から学べる】

画像引用元:https://www.pakutaso.com/20191243358post-24868.html

本書の106Pで紹介されている漫画、

『人の為に自分のことを後回しにしてしまう』を例に挙げてみましょう。

こちらでは、友だちのためを思うがゆえに、夜も眠れず無理をしている《友だち思いのネコ》と、そのとなりで「大丈夫?」と寄り添う、当の大事に思われるている《友だち》のネコ2匹が登場します。

睡眠不足に陥っている《友だち思いのネコ》に、その《友だち》が優しくかけてあげた言葉がこちら。

あのね、私を大切に思ってくれるのはすごく嬉しい。

でもそのために無理しない方がもっと嬉しい。

あなたが私を大切に思うように…

私の大切なあなたをもっと大事にしてほしいの。

引用元:P106 人間関係のモヤモヤ37 人の為に自分のことを後回しにしてしまう

友人にこう言われては、【自分を大事に】せずにはいられませんね( ´ ▽ ` )

【再読する人が多数!人間関係にモヤモヤするたび、パフェねこが寄り添ってくれる】

画像引用元:http://landsitz.work/reading-money/

2018年7月に発売された本書は、今年2020年を迎えてもなおレビューでの読者の声が後を断ちません。

その要因のひとつとして、再読する方が多く見受けられることです。

本書の内容には個人差によって【深く共感できる箇所】もあれば、【あまり自分の人間関係には当てはまらない箇所】もあります。

そのため、多くの方は一度サラッと読み終えてから、自分の人間関係に当てはまる箇所を選び抜いて、繰り返し読まれている傾向があるようです。

実際に再読している方が、お気に入りにしている項目をひとつ挙げてみましょう。

P78.『どうしても合わない人がいる』

どんなにガマンをしても…合わない人はいる。

時にはそれで…別れを選ぶこともある。

苦手な人も、別の誰かにとってはいい人で

幸せ担当が違うだけだと思うんだ。

P78,人間関係のモヤモヤ23 どうしても合わない人がいる

このように、自分と合わない【人】や【場所】はあるのだと著者は語っています。

誰が何が悪いわけでもなく、ただ「合わない」だけ。

そこで、お互いが幸せになれるかという意味で、合わない人は「幸せ担当」が違うのだと。

この言葉に、私も気持ちがスッと軽くなりました。

「ガマンをしている自分がおかしいのでは…」と自己嫌悪になってしまう時が多々ありました。(/ _ ; )

人付き合いでうまくいかない時は、何度でも読み返したい項目です!^^

万人向けの読みやすさ!家族や知人へのプレゼントに選ばれている。

画像引用元:https://pixabay.com/ja/images/search/猫%E3%80%80プレゼント/

本書を読破したあと、「これ、だれかに勧めたい!」と強く思うのは、どうやら私だけではないようです。

家族や友だちが人間関係に悩んでいることが分かっていながら、うまく言葉をかけてあげられない時。

そんなときは、悩んでるその人にそっと、本書『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

そのひとが、次に会うときに少しだけ、笑顔を見せてくれることを願いながら。

この作品に対しての世間の声、評価

記載元:https://twitter.com/hashtag/多分そいつ今ごろパフェとか食ってるよ

私もすっかりJamさんのファンになりました✌︎(‘ω’✌︎ )

ちなみに、私の家族にもこの本を読ませました!本当に読んで欲しかったので^^


まとめ

画像引用元:https://pixabay.com/ja/photos/動物-猫-ペット-若い猫-1726817/

人と人とが関わって生きていく以上、人間関係の悩みは避けがたいものですよね( ̄▽ ̄)

しかしながら、様々なストレスや“モヤモヤ“は、考え方ひとつでスッと軽くなることもあるのだと、Jam先生は本を通して教えてくれています^^

それでは、本書を手にとった読者の“こころ“に、どのような影響があったのか、まとめてみましょう!♪( ´▽`)

  • 気が楽になった
  • “息の抜き方“を知ることができた
  • これから、もっと楽しい人生が送れそう!
  • 嫌な人のことを考え続けて時間を無駄にしてしまう自分に、さよなら!
  • 視点を変えて読むと…自分の無神経な言葉で、知らず知らず他人を傷つけているかもしれないと、反省した。

こんなところでしょうか。( ´ ▽ ` )

私も、この本を“心のお薬“として愛読しています。

Jamさんが本書で仰っているように、嫌な人のことを家に帰っても恋人のように思い出してしまう時間というのは、本当にもったいないです。

“これからの人生において、人間関係で悩む時間が減ったら、その浮いた時間で、あなたは何を楽しみますか?

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 1巻」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 1巻」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。DVDをレンタルせずに高画質な動画をみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました